文京区の『思い』を拡げるアプローチ講座終了

0
52
フミコム 講座

フミコムで活動入門講座の最終回

「自分に気づき『思い』を拡げるアプローチ」として、全3回行われた文京区フミコムの活動入門講座。2回目は、文京区の団体のプレゼン大会を見学するということで実質関わっていませんが、第1回と第3回のわずか4時間ではありますが、区民のための講座を行いました。

フミコム年末年始をまたいでいるということで、ちょっと心配ではありましたが、皆さん宿題である「私の拡げたい思いシート」の内容を考えてきてもらいました。

でも、最初は年またぎだということもありますし、なにかアイスブレイクをやりたかったので、用意してきたおみくじで1分間スピーチをやってもらいました。

おみくじの札を引いて、その場でリアクションして1分間話すというワークです。

おみくじを引いてスピーチプレゼンの指導としては
「自分の感情を素直に出す」と、
「目線を配る」ということを
重点に意識してもらいました。

6種類あったのですが、凶を引いてしまった人が3人も。人前で発表するという恐れが凶を引き寄せてしまったのでしょうか?

発表そして、「私の拡げたい思いは~~です」の紙を持って、プレゼンをしてもらいました。

とはいえ、まだまだ見つかっていない人のほうがほとんど。

モヤモヤした悩みを発表している方もいました。

 

みんなでアイディアを出し合うそこで今度はグループワークで、他の人からアイディアをもらう時間をとりました。

誰かからの意見やアイディアはとても役に立ちます。自分の「思い」を見つめ直し、モヤモヤしていれば明瞭に、思いが見つかっていればどう形にしていくか、形がきまっていたらどうブラッシュアップできるか。

皆さんの意見をもとに、最終発表をやっていただきました。

フミコム

今回の講座を通して、
「素直に気持ちを吐き出すことで改めて自分の思いに気づくことができた」、
「まずやるべきことが明確になった」、
「他人のアドバイスによって枠が取り払われ拡がった」等
感想を頂きました。

最終発表

なにかを始めたい、なにか自分でもやれるんじゃないか という思いの種を見つけて、水を与える講座。

すでに始めている人は、改めて自分の好きなことや原点を再発見し、芽を伸ばしていく講座でした。

主催のフミコムは、区民の活動を応援していくことが役割ですから、いつかフミコムの応援のもと、自分の活動を拡げていくようになるといいですね。

 

講座について詳しくはこちらから

文京区社会福祉協議会 地域連携ステーション フミコム

フミコムさんによる活動報告

シェア
前の記事vol.1演劇教育は共感を育てることができるか
次の記事第二か国語習得のためのドラマ教育
別役慎司
一般社団法人日本グローバル演劇教育協会代表理事 株式会社ASCEND FEATHER代表取締役 劇作家・演出家・演技講師・俳優・研修講師・演劇教育家 シアターゲームやインプロを日本に持ち込んだ先駆者であり、世界の俳優トレーニングを俳優だけでなく、ビジネスマンの教育として応用。GLODEAでは、運営の統括、養成講座の設計と教授のほか、講師としても活動している。 著書に「誰でも人前で台本なしに10分間話せるようになる本」「働く女子の女優力」(ともにCCCメディアハウス)がある。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here