演劇教育家を育てるファシリテーショントレーニング

0
515

2月9日に講師のためのファシリテーショントレーニングを実施しました。
講師役4名・参加者3名で、合計7名で実施しました。

1番手の方は、インプロティーチャー養成講座で生かしたことを実践ということで、インプロを。
2番手の方は、シアターゲーム「ミラー」を。

3番手の方は、社会課題(保護者と幼稚園の園長さんのダイアローグを使って)のリフレクションを。

4番手の方は、大学の授業で行っている英語+インプロを。名古屋からいらっしゃいました。

 

マスタープログラムを受けている人の講師ファシリテーション向上を狙って企画しましたが、講師役のかたも参加者役のかたも、皆さんとても得るものが多く、充実した会になったようです。

15分間の持ち時間で実際にワークショップをやってもらい、そのあとフィードバックをするので、ファシリの良い点も課題点も、ありありと浮き彫りになり、「やっぱりフィードバックをもらうことが大事だと強く思った」という声もありました。

今回は2時間半なので、濃密フィードバックのみでしたが、もう少し長時間であれば、フィードバックを踏まえて改善したファシリをもう一度やってもらうということもできたでしょうし、別役ならこんな風にやるというものを実演できたと思います。

講座に関してもなかなか時間が取れない人が多いようで、単発2時間半というのは、参加しやすかったという人もいました。

皆さんから、「またやってほしい」という声が挙がりましたので、またどこかでやろうかと思いますが、シアターゲームパーティーも同じようにファシリを披露し、フィードバックを得るものなので、復活したらそっちも出てほしいです。今回は参加障壁をできるだけ下げるために、会員無料にし、料金も安くしました。次回はどうなるかわかりません。講座にでて、それっきりという人も多いので、できるだけ頻繁に関わっていってくれると、講師力もガンガン伸びていきますし、演劇教育の知見も深まります。

次は1級講座がありますよ! 時間取れない方も部分的に取ることも可能です。

【東京】グローバルドラマファシリテーター養成講座(1級講座)2/23.25.26