第1回 GLODEA SALON開催

0
226
演劇教育勉強会 グロディアサロン

去る7/16(日)に第1回GLODEA SALONを開催しました。

第1回は「こどもの想像力を刺激する、こども向け演劇の作り方」をテーマとし、
代表理事の別役がレクチャーを行いました。

GLODEAがプレ活動期に上演した親子向け参加型演劇「TransP@rents」を取り上げ、
写真を交えながらお話しました。

子どもの創造力を刺激するために「紙」を用いた、
様々な演出をご紹介しました。

これは紙に描いたジュースやお茶を飲んでいる場面。

これは試行錯誤の末、不織布を用いた宇宙船です。
照明の効果と合わせて、世界に引き込みます。

 

2台のプロジェクターで壁と地面に映像を投影することによって、さらにイメージを膨らませます。

TransP@rents

影絵も!

観客参加型の舞台ですので、その演出や意図も詳しくご紹介。
物語の重要な場面で2回子どもたちにお手伝いしてもらいました。

終演後は紙を使ったワークショップを行いました。
出演者と一緒に工作をしました。
この時はハロウィンの時期でしたので、ハロウィングッズを作りましたが、
いろいろ応用ができます。

少人数でしたが、参加者の方にも意見をいただき、
有意義な時間になりました。

ご参加くださったみなさまありがとうございました。

第2回は9月を予定しています。
内容は未定ですが、今後もみなさんに役立つ、様々なテーマに取り組んでいきます。

シェア
前の記事イギリスから演劇教育の専門家来日! ブリン&ジェンの2日間のワークショップ
次の記事SEiRYO学園の民間学童英語クラスでシアター・イン・エデュケーション
水地優子
舞台俳優として10年以上のキャリア。数々の主役級・準主役級を演じる。現在は STONEψWINGSアクティングスクールにて、シアターゲーム&インプロヴァイゼイションクラスの担当講師も務めている。「劇的なプレゼン」や「殻破りインプロ」を手がける別役慎司のアシスタントとして長く活動。FEATHER IMPRO ACT PROJECTのビジネス向けインプロ講座や企業研修に携わり、ビジネスインプロおよびビジネスゲームのノウハウに精通している。また、演技力と即興力を活用した俳優ロールプレイヤーの一員であり、企業研修等に参加している。得意な領域は、楽しいエクササイズを通して即興力や表現力を育成することである。一般社団法人日本グローバル演劇教育協会(GLODEA)ではアシスタントとしてワークショップに帯同したり、事務を受け持つ。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here