第4回GLODEA SALON「学校演劇における部活動を通しての演劇教育とその指導法」

0
765
演劇教育勉強会・研究会 グロディアサロン

演劇教育に関する月1勉強会・ワークショップ
グロディアサロン

演劇教育に関する月1勉強会・ワークショップ グロディアサロン 日本グローバル演劇教育協会では、演劇教育勉強会として、「GLODEA SALON グロディアサロン」を行っております。会員の方も一般の方も、是非お気軽にご参加下さい。

第4回テーマ「学校演劇における部活動を通しての演劇教育とその指導法」

講師:井上崇
(NPO日本学校演劇教育会、創造演戯研究所代表)

学校演劇第四回目のGLODEAサロンのテーマは、部活動として行われている演劇部の指導法と、教育的な意図と仕掛けについてです。今回もゲスト講師をお招きして、どういう実践や配慮がされているのか、どういう現状なのかということを話して頂こうと思います。

全国の中学校や高校には部活動として演劇部があり、様々な発表会やコンクールなどが行われています。通常、顧問の先生が指導や監督をしていますが、外部から関わって生徒たちの指導をしている方々がいます。それが、今回のゲストに来て頂く、井上崇さんのような方。

学校演劇と連携しながらどのような指導をしているのか? 舞台作品を創っていくアシスト以外に、どんな教育的配慮がされているのか? 子どもたちを見てきた視点で大事だと感じる教育のツボなどについてたくさん話して頂きます。

演劇部の顧問をしている方や、中学生・高校生から自発性や協調性を引き出すのに苦労している先生の方は是非お越し下さい。他にも、演劇教育に興味のある方であればどなたでもご参加できます。

【内容】
・部活動としての「中学演劇」と「高校演劇」
・演劇部の活動と子どもたちの様子の変化
・演劇部の顧問の仕事
・外部指導者の役割と現状とは
・部活動を通して発達段階の子どもたちとどう接していけばいいか

など、豊富な実例を紹介しながら説明していきます。

【ゲスト講師紹介】

演劇教育 井上崇

井上崇

≪プロフィール≫
神奈川県内の高校、中学校演劇部で毎年10校以上(グループ全体では23校)の演劇部を通年でサポートし、年間220日以上部活動の稽古場に立っている。また部活動の地区組織である北相地区高校演劇連盟、厚木愛甲地区中学校演劇部会など4地域で講習会の企画に参与しているほか、職業講和、コミュニケーショントレーニングなど授業の場にも登壇している。 主な出演はTV「釣りバカ日誌」#4、映画「永遠の0」(2013・山崎貴監督)、「タイムスクープハンター」(2012・中尾浩之監督)、ゴールデンボンバーPV(2016)など。

人見はる菜人見はる菜

≪プロフィール≫
ドラマティーチャー、ワークショップデザイナー(文部科学省所管財団法人生涯学習開発財団認定)、
演劇集団チームトリプルY主宰、アイリンク株式会社所属。日本演劇教育連盟常任委員。

地元さいたま市の中学校をはじめ首都圏の中学・高校演劇部でインストラクターを務め、2018年度はさいたま市の公立中学校3校、都立高校1校を通年で支援している。
小中高、特別支援学校や学童等で演劇的手法を用いたワークショップも精力的に行うほか俳優育成、チアダンスインストラクター等、指導者としての活動実績は多岐に渡っている。 主な出演にドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS)など。

※ゲスト講師として、人見はる菜(日本演劇教育連盟常任委員、ドラマティーチャー)さんの参加が決まりました~。

日時
5月20日(日)16:00~18:00

定員
20名

参加費
一般3000円
 GLODEA会員1500円
税込、当日支払い

場所
STUDIO FEATHER
後楽園駅・飯田橋駅より徒歩8分

お申し込みはこちらから

氏名 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

参加希望日および通信欄(必須)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here