聖徳大学のゼミに協力

0
616

GLODEAの活動とは直接関係ありませんが、

関連団体では、ロールプレイヤーの派遣を行っています。

たとえば、お店に来るお客さん役や

営業先の企業の担当者の役、

または会社内での人事面談の部下役など、

俳優が出向いて、ロールプレイを行います。

 

今回は聖徳大学西村教授の暗黙知研究のためのロープレです。

西村教授のゼミクラスに出向き、

ロールプレイ風景
真剣でリアルなロールプレイング

認知症相談のロープレで、認知症患者の家族の役を行いました。

これまでは企業の研修やロープレ大会のお手伝いをしてきましたが、

研究・教育の分野にも活動の幅を広げています。

西村教授は子育て支援学の取り組みもされており、

今後GLODEAでもご協力できることがあるかもしれません。

 

聖徳大学

 

シェア
前の記事英国の演劇教育専門家を招いたワークショップ
次の記事ドラマセラピーの構造 Dramatherapy
水地優子
舞台俳優として10年以上のキャリア。数々の主役級・準主役級を演じる。現在は STONEψWINGSアクティングスクールにて、シアターゲーム&インプロヴァイゼイションクラスの担当講師も務めている。「劇的なプレゼン」や「殻破りインプロ」を手がける別役慎司のアシスタントとして長く活動。FEATHER IMPRO ACT PROJECTのビジネス向けインプロ講座や企業研修に携わり、ビジネスインプロおよびビジネスゲームのノウハウに精通している。また、演技力と即興力を活用した俳優ロールプレイヤーの一員であり、企業研修等に参加している。得意な領域は、楽しいエクササイズを通して即興力や表現力を育成することである。一般社団法人日本グローバル演劇教育協会(GLODEA)ではアシスタントとしてワークショップに帯同したり、事務を受け持つ。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here