ウルリッヒ・マイヤー・ホーシュによるフォーラムシアターワークショップ

こどもや若者への演劇教育も手がける国際的な演技講師が来日!

0
380
フォーラムシアターワークショップ こども教育家交流パーティー

グローバルな演劇教育を日本に普及させるべく設立いたします一般社団法人日本グローバル演劇教育協会(通称GLODEA)では、4月22日(土)にフォーラムシアターの創始者アウグスト・ボアールと親交のあった俳優教育のプロ、ウルリッヒ・マイヤー・ホーシュの「フォーラムシアターワークショップ」を開催いたします。終了後には、設立記念交流パーティーもあり、演劇教育家や子ども教育に関わる人たちの交流を深めたいと思います。

Ulrich Michael Chekhovさて、GLODEAでは、最初の大きなイベントとなります。海外の講師を招いた演劇教育ワークショップ「フォーラムシアターワークショップ」を行います。

ブラジル人のアウグスト・ボアールが生み出し、世界中で行われている被抑圧者の演劇「フォーラムシアター」。

実際に故アウグスト・ボアールと親交があった演技講師ウルリッヒ・マイヤー・ホーシュが日本にやってきます。

マイケル・チェーホフのメソッドなど彼は、基本的には俳優向けのトレーニングが専門ですが、専門領域のマイケル・チェーホフ・テクニークが、人間の心を解放し、自然を感じたり、人を感じたりすることに役立つことから、ドラマセラピーに似た形でも応用しています。

今回、GLODEAでは、3時間のワークショップを企画しました。先般、NPO法人パコモ主催で行われたBryn JoneさんとJen Camillinさんのワークショップでも取り上げられていたドラマ・セラピーとフォーラムシアター。今回は学校教育前提ではなく、フォーラム・シアターそのものをご紹介いただき、またウルリッヒさんの、マイケル・チェーホフ的アプローチについてもご紹介いただきます。非常に楽しみな一日です。

フォーラムシアター自体は、問題解決能力を身につけ、実際に行動化できる人物へと育てられるアプローチだと思います。非常に変わった形で演劇を使います。これは、学校教育にも応用できるものなので、GLODEAとしても力を入れていきたいものなのです。

WORKSHOP: 4/22(土)14:00~17:00
13:30-14:00 受付
ワークショップ参加費:4000円(学生は2000円) 

既に協会員になられている方は、更に1000円引きになりま~す!

申し込みは特設ページから、またはこちらから

実は、この日は、ワークショップの懇親会も兼ねて、一般社団法人日本グローバル演劇教育協会設立記念パーティーを行います。演劇教育家やこども教育関係者を多数招いて、大交流会をやりますので、そちらもお楽しみ下さい。(次の記事で書きますね)

たくさんの参加をお待ちしております!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here